石谷家の業績展

石谷家住宅着工から百年、そして地域の発展にかける思い

号蔵展示室他

2019年 6月26日(水)~2019年9月4日(水)

令和へ改元した今、同様に節目を迎え歴史を紐解きます。 大正8年の石谷家住宅着工から100年、完成から90年を迎える年を記念して、石谷家住宅大正新築工事設計図面を中心に、建築当時の智頭の背景や当主であった石谷伝四郎氏の建築にかける思いを紹介します。 その他にも、「因美線開通」など伝四郎氏が地域の発展に尽力された思いをお伝えします。大正8年の石谷家住宅着工から100年、完成から90年を迎える年を記念して、石谷家住宅大正新築工事設計図面を中心に、建築当時の智頭の背景や当主であった石谷伝四郎氏の建築にかける思いを紹介します。 その他にも、「因美線開通」など伝四郎氏が地域の発展に尽力された思いをお伝えします。


Information

開館日・開館時間

開館時間10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始12月28日から1月3日

入館料

個人料金
大人600円
高校生500円
小・中学生400円
幼児・高齢者(80歳以上)無料(生年月日を証明するものが必要)
障がい者無料(障がい者手帳提示)
団体料金 団体割引有り(有料15名様以上)
大人500円
高校生400円
小・中学生300円

お得な「志保やの会」

1年間に何回でも入館できる年間パスポート。常時入会募集中です。
(年会費 1,200円)


当施設はバリアフリーではございませんので、建物内で車椅子はご使用になれません。あらかじめご了承ください。

小林博道作品展 竹彫刻の昆虫展

号蔵展示室他

2019年 7月1日(月)~2019年7月29日(月)

今月は2号蔵でも展示を開催!7月1日(月)~7月29日(月)まで「小林博道作品展 竹彫刻の昆虫展」を行っています。竹で制作されたたくさんの昆虫たちはとても繊細な作り。置物やブローチ・お箸や木の実のネックレスなど可愛いものばかりですよ!限定ワークショップも開催予定ですので、是非チェックしてみてください^^

ワークショップ:煤竹お箸作りのワークショップ                  7月13日(土)・15日(月・祝) 当日申し込み可                 11時~・13時半~・14時半~  (上記時間以外、応相談)             大人1000円・子供700円(要 別途入館料)


Information

開館日・開館時間

開館時間10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始12月28日から1月3日

入館料

個人料金
大人600円
高校生500円
小・中学生400円
幼児・高齢者(80歳以上)無料(生年月日を証明するものが必要)
障がい者無料(障がい者手帳提示)
団体料金 団体割引有り(有料15名様以上)
大人500円
高校生400円
小・中学生300円

お得な「志保やの会」

1年間に何回でも入館できる年間パスポート。常時入会募集中です。
(年会費 1,200円)


当施設はバリアフリーではございませんので、建物内で車椅子はご使用になれません。あらかじめご了承ください。

令和元年度 鳥取県立博物館移動美術館智頭展

岡村吉右衛門、生田和孝と民藝運動の巨匠たち

一号蔵展示室他

2019/6/1(土)~2019/6/23(日)

民藝運動の精神は今も多くの人々に影響を与えています。鳥取県にもその影響を強く受けた工芸家がいました。鳥取市出身の染色作家・染織文化研家の岡村吉右衛門、北栄町出身の生田和孝です。
今年度の移動美術館智頭展は、鳥取県立博物館が積極的に収集してきた岡村氏の作品を中心に生田氏の大作から小品そして民芸運動の巨匠と言われる陶芸家・バーナード・リーチ氏、

河井寛次郎氏、濱田庄司氏の作品を紹介します。

かたぎみゆきとキルトの女神達

「きなり」キルト展

3号蔵展示室他

2019/4/1~2019/5/30

智頭町で写真を楽しむ皆さんが撮影した春の景色をそれぞれお持ちいただきました。
今年は4月6日・7日に開催される恒例の「さくらフェスティバル」(さくらCafé)の写真や町内、近隣の春を写し取った傑作ぞろいです。

坂本章 青瓷の世界

1号蔵展示室他
2019/4/10~2019/5/29

中井窯三代目。民藝という伝統と歴史の中で育ち、自分らしさを求めて伝統工芸という第二ステージへ。
11年前より50歳までに「日本工芸会正会員」という目標に挑戦。 
47歳から青瓷制作を創め、その目標を達成。 
坂本章54歳、工芸作家としての表現を青瓷に込め、革新と品格を掲げ次を見据えて作陶を続けています。