邸内の見どころ

石谷家住宅の主要部は20棟ほどの建築群によって構成されている。敷地面積3000坪、建築面積641坪、部屋数40以上。

古くは江戸時代末期ころから、昭和時代にまでわたって、各期に建設された歴史的建造物が数多く残っています。このうち主屋や多くの付属室は、大正八年にはじまり昭和四年に終わる、一連の大正新築工事によって建てられたもので、その他の江戸時代、明治時代に建築されたものは、この時に取り壊されたり、大きく手が加わっています。石谷家の屋敷内に現存している建築群について、形式や特徴を順に見ていきましょう。

主屋

主屋は桁行十一間五尺(23.3m)、梁間七間(13.8m)、二階建て。街道に面さず引き込んだ位置に建 ...
続きを読む

式台(本玄関)

江戸時代、鳥取藩主の参勤交代の時、殿様は御本陣に宿泊しました。随行の上級武士は石谷家を宿泊所として使 ...
続きを読む

門番小屋

当初は人力車の車庫、車夫の待機場所として使用されました。その後は自動車の車庫と従業員の更衣室として使 ...
続きを読む

大門

設計では立派な門が計画されましたが、昭和17年頃まで道路からの入り口は現在の入り口より20m程右手か ...
続きを読む

土間

上部構造は吹き抜けで梁には巨大な松の丸太を使い、梁の上に小屋組を使い屋根を構築しています。それを支え ...
続きを読む

囲炉裏の間

主人と出入りの人との商談と情報交換の場として使用され、昭和60年代までは石谷家の組織である「山番会」 ...
続きを読む

主に番頭が詰めていて、来客者の主人への取り次ぎ、打ち合わせ等、現在の事務所と同じ使い方をしていました ...
続きを読む

電話室

石谷家では大正10年に電話、電気は大正3年に引かれていて、書斎主人間から近く、店にも近い現在の場所に ...
続きを読む

畳廊下

囲炉裏の間より新座敷、江戸座敷へと通じる廊下。幅1間で畳36畳敷。 ...
続きを読む

応接

元は式台より続く玄関の間でした。戦後洋風の応接室に改装し、タイル張りの暖炉を備え、床はフローリングを ...
続きを読む
Loading...

Information

開館日・開館時間

開館時間10:00~17:00
休館日水曜日(12月~3月)、水曜日が祝日の場合は翌日   ※4月から11月までは休館日無し
2019年8月より水曜日のみ喫茶室休業

入館料

大人500円
高校生400円
小・中学生300円
幼児・高齢者(80歳以上)無料(生年月日を証明するものが必要)
障がい者無料(障がい者手帳提示)
団体割引(15人以上)有り

お得な「志保やの会」

1年間に何回でも入館できる年間パスポート。常時入会募集中です。
(年会費 1,000円)


当施設はバリアフリーではございませんので、建物内で車椅子はご使用になれません。あらかじめご了承ください。