邸内の見どころ

石谷家住宅の主要部は20棟ほどの建築群によって構成されている。敷地面積3000坪、建築面積641坪、部屋数40以上。

古くは江戸時代末期ころから、昭和時代にまでわたって、各期に建設された歴史的建造物が数多く残っています。このうち主屋や多くの付属室は、大正八年にはじまり昭和四年に終わる、一連の大正新築工事によって建てられたもので、その他の江戸時代、明治時代に建築されたものは、この時に取り壊されたり、大きく手が加わっています。石谷家の屋敷内に現存している建築群について、形式や特徴を順に見ていきましょう。

暗い部屋

囲炉裏の間のすぐ奥の部屋で、窓の無い部屋、囲炉裏の間から主人間、食堂へと、書斎から主人間、畳廊下へと ...
続きを読む

食堂・書斎

この2部屋は民芸運動の指導者である吉田璋也氏のデザインによります。欅材を使ったビューロー、食堂のテー ...
続きを読む

主人の間

石谷家の主人の執務部屋であり、田の字の部屋で、この部屋だけ床・違い棚・書院が付いている。正月には家族 ...
続きを読む

石谷氏庭園(国登録名勝地)

石谷家の庭園は、江戸座敷・新建座敷に面した池泉庭園、この北側に続き、主屋上手に面した枯山水庭園、この ...
続きを読む

石谷家住宅敷地内に蔵が7つ有り、内3つが一般公開されています。現在はイベント展示室として利用されてい ...
続きを読む

裏門

表門の簡素な造りに対して裏門は立派な薬医門が造られていて、薬医門から続く源氏塀で石谷家の三方を囲んで ...
続きを読む
Loading...

Information

開館日・開館時間

開館時間10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始12月28日から1月2日

入館料

個人料金
大人600円
高校生500円
小・中学生400円
幼児・高齢者(80歳以上)無料(生年月日を証明するものが必要)
障がい者無料(障がい者手帳提示)
団体料金 団体割引(15人以上)有り
大人500円
高校生400円
小・中学生300円

お得な「志保やの会」

1年間に何回でも入館できる年間パスポート。常時入会募集中です。
(年会費 1,000円)


当施設はバリアフリーではございませんので、建物内で車椅子はご使用になれません。あらかじめご了承ください。